メールでのお問い合わせはこちら

理事長のブログ

年賀状はポジティブな言葉が大切です

年賀状はポジティブな言葉が大切です

今年も多くの方から素敵なお年賀状をいただきまして

誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

仕事関係でいただく年賀状には、本年の輝かしい展望を

願うというお正月の本来の意味での挨拶状となって

います。

このお正月に気づきましたことですが、プライベートで

いただいた年賀状の中には相手のことが心配になってくるもの、

やや暗いイメージのものあり不安を感じたものもありました。

日本人の多くの方が、新年は良い方向になることを願って、

歳神様を迎えるための大掃除をしたり、初詣に出かけたりします。

それは全て新しい気運を呼び込むための行為です。

年賀状もお送りした相手の方の1年がご幸運となることを

願うものです。

ネガティブな気持ちやお悩みは、できましたら別の機会に

お伝えになる方が望ましいです。

 

そろそろ、年賀状から寒中お見舞いとなります。

目上の方には、「寒中お伺い申し上げます」でお送りください。